Vitesco Technologies
  • 企業情報
  • プレス
  • ソリューションズ
  • トレンド
  • キャリア
  • 投資家情報
  • JP
  • 企業情報
  • ヴィテスコ・テクノロジーズについて
  • サステナビリティ
  • Brand Portal
  • お問い合わせ
  • Vitesco Technologies
  • ヴィテスコ・テクノロジーズについて
  • ストラテジー
  • サステナビリティ
  • Vitesco Technologies ストラテジー サステナビリティは私たちのコアとなる使命です
  • サステナビリティ
  • サステナビリティ アジェンダ
  • サステナビリティ レポート
  • 人権とダイバーシティ
  • サステナビリティの概要
  • In the Spotlight
  • レーティングとイニシアティブ
  • 組織とマネジメント
  • Vitesco Technologies サステナビリティ アジェンダ サステナビリティ レポート 人権とダイバーシティ Sustainability at a Glance In the Spotlight レーティングとイニシアティブ 組織とマネジメント
    お問い合わせ
  • プレス
  • プレス お問い合わせ先
  • お問い合わせ
  • 結果速報: ヴィテスコ・テクノロジーズ、2023年の成功を振り返る ヴィテスコ・テクノロジーズ、韓国でイーアクスルドライブの生産を開始 ヴィテスコ・テクノロジーズとインフィニオン、e-モビリティの効率化に向けてパートナーシップを強化
    Dr. Anne-Kathrin Bräu Simone Geldhäuser Emerenz Magerl-Ziegler Dr. Sebastian Holzwarth
    お問い合わせ
  • ソリューションズ
  • 電動化
  • 内燃エンジン
  • パワートレイン以外
  • 製品ポートフォリオ
  • お問い合わせ
  • Vitesco Technologies Vitesco Technologies Vitesco Technologies Vitesco Technologies Vitesco Technologies お問い合わせ
  • トレンド
  • お問い合わせ
  • トレンド お問い合わせ
  • キャリア
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 私たちと一緒に創造する未来 お問い合わせ
  • 投資家情報
  • お問い合わせ
  • 投資家情報 お問い合わせ
    Vitesco Technologies
    • 電動化製品のオーガニックグロース予測:2026年に合計50億ユーロ、2030年に合計100~120億ユーロへ
    • E-モビリティ:1年以内に約100億ユーロの受注(2021年度下期、2022年度上期)
    • 新規受注:10億ユーロを超えるサーマルマネジメントの大型受注を獲得
    • 2030年、乗用車生産台数の70%以上を電気自動車が占める見込み

    こちらは現地時間20221011日にドイツ・レーゲンスブルグで発行されたプレスリリースの抄訳です。英文の原文との間で解釈に相違が生じた際には原文が優先します。


    持続可能なモビリティのための最先端パワートレイン技術を開発・製造する国際的なリーディングカンパニーであるヴィテスコ・テクノロジーズは、本日開催されたキャピタル・マーケット・デー2022において、投資家やアナリストに向けて現在の戦略や2030年までの業績予測について発表しました。同社は、2021年9月よりフランクフルト証券取引所に上場しています。

    CMD 2022

    CMD 2022
    © Vitesco Technologies GmbH (exclusive rights)

    2030年には、世界の乗用車生産台数の70%以上を電動車が占め、その中でも電気自動車(BEV)が最も大きな割合を占めると予想されています[1]。CEOのアンドレアス・ウォルフ(Andreas Wolf)は、「今後数年間で、電気自動車の種類はますます増えていくでしょう。そして、その大部分はヴィテスコ・テクノロジーズのコンポーネント(E-アクスル、バッテリーマネジメントシステム、インバーター、その他多数の製品)が搭載されることになるでしょう。」と述べています。

    直近の2ヶ月間だけでも、ヴィテスコ・テクノロジーズは電動化ビジネスにおいて約100億ユーロの受注を記録しました。さらに、サーマルマネジメントシステムの分野で、総額10億ユーロを超えるグローバルな顧客からの大型受注を獲得しています。サーマルマネジメントシステムは、電気自動車の高電圧コンポーネントを最適な温度範囲に調整するためのシステムです。

    好調なeモビリティ市場をターゲット   

    ヴィテスコ・テクノロジーズは、キャピタル・マーケット・デーで、2026年への展望を明らかにしました。同社は、電動化ビジネスの売上高を4年間で約50億ユーロへ、2030年には100億ユーロから120億ユーロに拡大すると見込んでいます。CFOのヴェルナー・フォルツ(Werner Volz)は、「我々は、2026年までの年平均成長率が40%となる電動化ビジネスの力強いオーガニックグロースについて話しています。」と述べています。また、ヴィテスコ・テクノロジーズは、2026年のグループの調整後EBITマージンが7~9%、フリーキャッシュフローが4億ユーロ以上に達すると予想しています。   中期的には、来年からの新組織である「パワートレインソリューション事業部」で2桁のEBITマージンを、また「エレクトリフィケーションソリューション事業部」で収益性を高め、これらの財務目標の達成を目指します。」と、フォルツは話しました。電動化ビジネスは2024年にブレークイーブンになる予定です。また2023年度には初配当を行う予定です。  

    電子部品は引き続きサプライヤーが鍵   

    専門家は、電気自動車は、特にパワートレイン技術において、供給される部品の数は減るが、より高品質な部品が供給されるようになり、サプライヤーからの部品調達に依存し続けるだろうと見ています。特に、バッテリーマネジメントシステムやインバーターは、今後、ヴィテスコ・テクノロジーズのようなサプライヤーからの供給がより多くなるでしょう。同社の予測によると、2030年には、バッテリーマネジメントシステムのサプライヤーによる生産寄与率が約10ポイント上昇し、約65%に、インバーターのシェアも50%から約70%に上昇すると見込んでいます。また、電動モーターについては、2030年時点でも約40%がサプライヤーによる生産が継続されると予測しています。   

    戦略的パートナーシップで実現するサステナビリティへの道   

    戦略的パートナーシップのもと、ヴィテスコ・テクノロジーズは、より効率的なe-モビリティ・ソリューションを市場に投入するとともに、原材料へのアクセスも改善することを目指しています。サプライヤーに関しては、ローム社との既存の提携に加え、5月に新たなパートナーとしてインフィニオン社とも提携し、半導体製造に不可欠なシリコンカーバイドウエハーの世界生産能力の50%以上をヴィテスコ・テクノロジーズが利用できるようになりました。顧客面では、7月に長年のキーアカウントであるルノー・グループと親密な戦略的パートナーシップを締結しました。今後、両社は高集積でコンパクトなパワーエレクトロニクスを共同開発します。

    ヴィテスコ・テクノロジーズは、エミッションフリーのモビリティを実現するためのソリューションを開発することだけに専念しているわけではありません。最高水準のサステナビリティを実現することが、その使命の核心にあります。2030年までに生産工程を、2040年までにバリューチェーン全体をカーボンニュートラルにすることを目標に掲げています。また、ヴィテスコ・テクノロジーズが提供する電動化ソリューションで、お客様のサステナビリティ目標の達成を支援します。「どのような決断を下すにしても、私たちは常に次の世代がどう思うかを考えています。」とCEOのアンドレアス・ウォルフ(Andreas Wolf)は説明しました。

    1 S&P Global Mobility, Light Vehicle Powertrain Forecast (08/2022).

    お問い合わせ先 クッキー ポリシー データ保護に関する通知 利用規約 サイトご利用にあたって