Vitesco Technologies
  • 企業情報
  • プレス
  • ソリューションズ
  • トレンド
  • キャリア
  • 投資家情報
  • JP
  • 企業情報
  • ヴィテスコ・テクノロジーズについて
  • サステナビリティ
  • Brand Portal
  • お問い合わせ
  • Vitesco Technologies
  • ヴィテスコ・テクノロジーズについて
  • ストラテジー
  • Vitesco Technologies ストラテジー
  • サステナビリティ
  • サステナビリティ アジェンダ
  • サステナビリティ レポート
  • 人権とダイバーシティ
  • サステナビリティの概要
  • スポットライト
  • レーティングとイニシアティブ
  • 組織とマネジメント
  • Vitesco Technologies サステナビリティ アジェンダ サステナビリティ レポート 人権とダイバーシティ Sustainability at a Glance In the Spotlight レーティングとイニシアティブ 組織とマネジメント
    お問い合わせ
  • プレス
  • プレス お問い合わせ先
  • お問い合わせ
  • アクスルドライブ EMR3 が成熟した技術、エネルギー効率、魅力的な  ドライビング・ダイナミクスを提供 結果速報: ヴィテスコ・テクノロジーズ、2023年の成功を振り返る ヴィテスコ・テクノロジーズ、韓国でイーアクスルドライブの生産を開始
    Simone Geldhäuser Emerenz Magerl-Ziegler Dr. Sebastian Holzwarth
    お問い合わせ
  • ソリューションズ
  • 電動化
  • 内燃エンジン
  • パワートレイン以外
  • 製品ポートフォリオ
  • お問い合わせ
  • Vitesco Technologies Vitesco Technologies Vitesco Technologies Vitesco Technologies Vitesco Technologies お問い合わせ
  • トレンド
  • お問い合わせ
  • トレンド お問い合わせ
  • キャリア
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 私たちと一緒に創造する未来 お問い合わせ
  • 投資家情報
  • お問い合わせ
  • 投資家情報 お問い合わせ
    Vitesco Technologies
    • パートナーシップによりエネルギー効率の高い炭化ケイ素(SiC)パワー半導体のキャパシティを確保
    • 2024年から2030年にかけて、1300億円以上の取引を予定
    • 2020年に締結した炭化ケイ素を使ったチップの開発パートナーシップがベース
    • 早くも2024年に大手2社向けにSiCパワーエレクトロニクスの最初の 量産を開始
    • SiCチップは高効率な電動走行と急速充電を同時にサポート

    こちらは現地時間2023619日にドイツ・レーゲンスブルグおよび、ウィリッヒで発行されたプレスリリースの抄訳です。英文の原文との間で解釈に相違が生じた際には原文が優先します。

     

    最新のドライブ技術や電動化ソリューションの国際的な大手メーカーであるヴィテスコ・テクノロジーズと、SiC(炭化ケイ素)パワーデバイスのリーディングカンパニーであるローム株式会社は、SiCパワーデバイスに関する長期供給パートナーシップ契約を締結しました。その取引額は2024年から2030年までの期間で1300億円以上となります。これは、両社が2020年に締結した「電気自動車向けパワーエレクトロニクスにおける開発パートナーシップ」に基づくものです。同パートナーシップでは緊密な技術連携を行い、電気自動車に最適なSiCパワーデバイス及びSiC搭載インバーターの開発協議を行ってきました。ヴィテスコ・テクノロジーズは、共同開発の最初の成果として、ローム(株)のSiCチップを搭載した先進的なインバーターの供給を、早くも2024年から開始する予定で、既に大手2社の電気自動車への採用が決まっています。これは当初目標のスケジュールを前倒しするものとなります。   

    SiCパワーデバイスは、電気自動車のインバーター開発において非常に重要なアイテムであり、より高効率なパワーエレクトロニクスの設計を可能にします。中でもSiCチップは、高電圧対応が求められ、電気エネルギーの有効活用による航続距離伸長やバッテリーサイズ削減などが必要な電気自動車にとって、重要なキーテクノロジーです。今回の長期供給パートナーシップにより、ヴィテスコ・テクノロジーズは、電気自動車の開発において戦略的かつ重要なアイテムであるSiCチップのキャパシティを確保することとなります。両社は、引き続き連携を深め、SiCを通じて電気自動車の効率化と急速充電をサポートしていきます。

    ローム株式会社 取締役 常務執行役員 CFOである伊野和英(博士)氏は 「高成長を続ける電気自動車市場において、SiCパワーデバイスは高効率化を実現する重要な技術であり、ローム(株)はSiC市場で業界をリードする開発、製造体制を持っています。さらなる市場浸透に向け、今回、重要な戦略的パートナーであるヴィテスコ・テクノロジーズとさらに深いビジネスの提携関係を築けたことで、市場シェア30%以上獲得も期待できると考えています。」と述べています。     

    小さな部品がもたらす大きな効果 

    SiCは、絶縁破壊電界強度が従来のSi(シリコン)の10倍、バンドギャップがSiの3倍であり、放熱特性も勝ることから、電力損失の大幅な低減、機器の小型化、高電圧・高温環境下での安定駆動に優れています。 これらの特徴により、SiCパワーデバイスを使用したパワーエレクトロニクスは、従来のSiに比べて電力変換時の損失を低減することができます。特に800Vのような高電圧では、SiCインバーターはSiモデルよりもさらに高効率です。電気自動車の充電用途では、高圧であれば満充電にかかる時間が少なくすむため、既に世界的に需要が拡大しています。また、電気自動車バッテリーの電気エネルギーをより有効に活用できることから、電気自動車の航続距離伸長や、バッテリーサイズ削減に貢献することが可能となります。

    Vitesco Technologies and ROHM have signed a long-term SiC supply partnership

    ヴィテスコ・テクノロジーズ CEO アンドレアス・ヴォルフ (右) ローム株式会社 取締役 常務執行役員 CFO 伊野和英 (左)
    © Vitesco Technologies GmbH (exclusive rights)

    お問い合わせ先 クッキー ポリシー データ保護に関する通知 利用規約 サイトご利用にあたって